福祉用具まごころ
総合サービス
「まごころ総合サービス 」は、福祉用具のレンタル・販売、住宅改修サービスを通して、みなさまが毎日を快適に暮らしていただけるよう応援させていただきます。
>詳細
ガイドヘルパー
「ガイドヘルパー(移動介護従事者)」とは、視覚障がい者や、車椅子利用者、知的障がい者が外出する際に、歩行や車いすの介助を安全面に留意しながら行い、地域社会での自立した生活と社会参加を支援する大切な役割を担っています。
>詳細
身体介護サービス
「身体介護」とは、利用者の身体に直接接触して行う介助のことを指します。具体的には食事や排泄、入浴や身だしなみ、着替えや歩行などの介助が必要な方へのサービスのことです。
>詳細
生活援助サービス
「生活援助」とは、ケアスタッフがご利用者さまに代わって調理や掃除、洗濯など、日常生活に必要な家事を代行する介護です。
>詳細
介護保険外サービス
介護保険の訪問介護で出来ないことも対応します。訪問介護時に直接本人の援助にならない行為、日常生活の援助にならない行為は介護保険給付の対象とはなりません。
>詳細
スタッフ大募集!!
常勤スタッフ募集中!
介護福祉士資格を持っていてバイク乗れる方優遇致します♪

登録ヘルパー(男女)随時募集中♪

★応募資格
介護福祉士を持っている方
(実務経験1年以上)
初任者研修修了を持っている方
(実務経験のない方も歓迎)
ガイドヘルパー研修を受講した方
(移動支援)
委細面談の上、お気軽にご相談下さい。

デイサービスの看護師さん募集♪(准看護師可)デイサービスで働きたい看護師さん、阪急神崎川駅から徒歩1分です。(年齢20歳〜60歳位迄)   

デイサービススタッフ♪・放課後等デイサービススタッフ♪(無資格の方でも歓迎します♪)    

まずはお電話下さい!随時面接させて頂きます♪
TEL.06-6331-4165
担当:三木まで
>詳細

介護サービス計画(ケアプラン)とは、介護を必要とする方(要介護もしくは要支援の認定者)が、介護サービスを最適なかたちでご利用できるよう、心身の状況、生活環境、ご利用者とご家族さまの希望などを考慮して、望ましいサービスの種類と内容、そして、サービスを提供する事業者を定め、月々のスケジュールにしたものです。

ケアプランを作成するためには、居宅介護支援事業者(ケアプラン作成事業者)を選んで、どのようなサービスの組み合わせが適切なのか、ケアマネジャー(介護支援専門員)と相談する必要があります。ごころ総合サービスは、介護保険適応対象となる販売用福祉用具を多数取り揃えております。
介護保険の認定を受けている方は、下記の福祉用具が購入費の1割でご購入いただけます。

ケアプランは、ご利用者さまの要支援・要介護度に応じた支給限度額の枠内で作成され、ケアプランを作成することによって、ご利用者さまは、1割負担で介護保険のサービスを受けることができます。

介護サービス計画には、介護保険のサービスの他、市町村の保健・医療・福祉サービスやボランティアによるサービスなどを盛り込むことができます。
また、要介護度に応じて使える金額(支給限度額)を超えるサービスを盛り込むこともできます。
(支給限度額を超えた分は全額が利用者の負担となります)


ケアプランは、要介護認定審査のための訪問調査で把握した心身の状況と医師の意見などを踏まえてケアマネージャー(介護支援専門員)が作成、ご利用者・ご家族の承諾を得てケアプランを決定します。

ケアマネージャーは、利用者の立場に立った介護サービスの効果的・効率的な給付と質の高い介護サービスを実現するために、適切なケアマネジメントを実践しています。

ケアプランは、介護を必要とする方もしくはそのご家族さまなどの依頼にもとづいて、訪問調査で把握された心身の状況と医師などの意見などを踏まえ、ケアマネジャー(介護支援専門員)が作成します。(法律上はご本人とそのご家族さまが自ら作成することもできます)

ケアマネージャーは、ご利用者・ご家族さまを中心に、各サービスの提供者ほかからなるサービス担当者会議(ケアカンファレンス)を開催してケアプランの内容を検討・調整し、最終的には、ご利用者・ご家族さまの承諾を得てケアプランを決定します。

わが国の介護保険制度は、要介護者の自己決定権の尊重、生活の継続そして自立支援を基本理念として創設されました。

ケアマネージャーは、こうした理念を踏まえ、利用者の立場に立った介護サービスの効果的・効率的な給付と質の高い介護サービスを実現するために、適切なケアマネジメントを実践しています。

また、ケアマネージャーは、介護予防の推進、ケアの継続性と包括性の確保、保健 ・医療 ・福祉の多職種協働の推進など、地域における総合的なケア体制を確立する上で、関連サービスと関連職種との連携と調整をはかるコーディネーターとしても機能しています。

● 要介護認定の際の訪問調査(市町村からの委託による)
● 要介護者の介護サービス計画(ケアプラン)の作成と見直し
● 介護サービス提供事業者・施設、市町村、福祉機関等との連絡調整
● ケアカンファランス(サービス担当者会議)
● サービスの提供実績等の確認など給付管理  など



介護サービスを受ける前に、まず、要介護認定が必要です。

介護保険の被保険者で介護を必要とする方は市町村に要介護認定の申請を行ない、要介護認定を得ることによって、給付を受けることができます。
ご本人・ご家族に代わって申請を行なう代行サービスもあります。
(代行サービスは居宅介護支援事業者が行ないます)


申請後に 、市町村は調査員を申請者を訪問し 、ご本人とご家族に面談を行ないます。そして 、かかりつけの医師に依頼し 、主治医の意見書を記載してもらいます。


主治医意見書と訪問調査の結果をもとに認定審査会が申請者の要介護度を判定します。要介護度認定の有効期間は原則として6ヶ月です。なお、要介護度によって「支給限度額」および利用できるサービスが異なります。


居宅介護支援事業者(ケアプラン作成事業者)を選びます。その結果、ケアプランを作成するケアマネジャー(介護支援専門員)が決まります。


ケアマネジャーがご利用者・ご家族と面談し、抱えている問題や解決すべき課題などを把握した上で、ご本人や家族と相談します。


ケアマネジャーが 、ご利用者の状態 、希望 、利用料などを踏まえ 、最適なケアプランを作成します。(ケアプランの作成費用は全額が介護保険から支払われます)


ケアマネジャーは、ケアプランにしたがって、各種の介護サービス事業者と話し合いをもち、サービス提供の内容について詳しい相談を行います。


ご利用者またはご家族と各介護サービス事業者の間で契約を交わしていただきます。


要介護度に応じて介護保険では、いろいろなサービスが利用できます。



ケアプランの作成
ご利用者さまの人生が豊かであるよう、ご意思を尊重しケアプランを作成いたします。

介護保険事業者等との連絡調整
ケアプランにもとづいて、指定居宅サービス事業者等との連絡調整をいたします。

必要に応じたケアプランの見直し
ご利用者とご家族さまのご希望やご事情あるいは介護上の必要の変化に応じて、ケアプランを見直します。(ケアプランは定期的な見直しが行なわれます)

ケアプラン作成後のサービス提供の管理
ケアプランにもとづいて適切に在宅サービス等が提供されているか、ご利用者とご家族さまにご不満はないかなどの把握に努め、その実施状況を管理いたします。

手続き代行サービス
介護を必要とする状態になって介護保険の利用を希望する場合には、要介護度の認定を申請します。あるいは、すでに認定を受けていても、状態の変化によっては、要介護度認定の変更を申請する必要があります。
こうした認定申請のほかにも、介護保険にかかわる各種手続きを代行いたします。


情報提供サービス
施設への入所あるいは通所サービスをご希望の際には、費用など施設に関する情報の提供やご紹介をいたします。



介護保険が給付される要介護認定の方に関しては、ケアプラン作成の自己負担はありません。介護保険から全額が払われます。

ご利用のご相談は Tel. 06-6331-4165 までお電話ください
(9:00〜18:00 日曜日・祝日はお休みさせていただきます)

事業所名 ハミングケアプランセンター
介護保険指定事業所番号 2774006577
管理者 三木 富美枝(介護支援専門員)
設立 平成25年7月1日
所在地 〒561-0824 豊中市大島町3-1-17
TEL 06-6331-4165(ヨイローゴ)(ハミング同)



個人情報保護に関する方針お問い合せ
Copyright(c)2007 HUMMING,Inc. All Rights Reserved.